美容師にも家族がいる

美容師にも家族がいる

美容師にも家族がいる

美容室に行ってみた時に、美容師さんの年齢と言うのは比較的に若い人が多い、と感じますよね。確かに美容師を何人か抱えている様な普通の美容室であれば、雇われているのは独身の若い美容師さんが多いと思います。ですが美容室によっては昔ながらの個人で家族が経営している様な美容室もあります。そういう美容室では結婚してもハサミを持って美容師をしている人が多く、自分の家族を持っている人も多いと思います。また一般的な美容室であっても、オーナーとか店長とかといったポジションの人なら結婚して子供もいるような年齢の人もたくさんいますよね。つまり家族を持っている美容師、という人もいる訳で、そうなると「うちの親は美容師なんだ」という立場の人がいるんですね。多くの人たちは美容室へ行くのが好きだと思いますし、自分の事をキレイにしてくれる美容師の事を大好きだったり憧れたりするものです。でもそれが自分の親だったら、と想像してみると、色々な事を考えてしまいますよね。時には自分の友人の家は美容室だ、という人もいるかもしれません。親が美容師であるならば、どんなメリットがあったり、どんな事で困ったりするのでしょうか。羨ましい気もしますが、本人の立場になってみると、色々と不都合な事も有るのかもしれませんね。私達の感覚では土日と言うのは学校も仕事も休み、という感覚がありますが、実際にはサービス業に従事している人たちは決して土日に休みがもらえるとは限りません。むしろ近年では土日が休みではない職業の人の方が多いぐらいかもしれません。美容室も例外ではありません。多くの美容室は月曜日とか火曜日が休みです。ですからおそらく親が美容師である人の子どもたちは、自分は土日が学校が休みであっても、親は仕事をしている、という家庭が多いものでしょう。その事は幼少の頃ならあまり気にならないかもしれませんが、学校に上がる頃になると、土日に家族で過ごす友だちのことが羨ましかったりするものかもしれません。特に個人でやっている美容室であるならば、夫婦でお店を営んでいる所も多く、従業員も少ないので、交代で土日を休みにする、という事が難しい美容室も多いものでしょう。そうなってくるとますます土日は休む事が出来ないどころか、逆にお客さんが多く忙しい日になる可能性が高いですね。個人で経営している美容室ならば好き勝手に休めばよいではないか、と思われるかもしれませんが、個人で経営していると店を閉めるとそれだけ売り上げに影響がでるものです。お客さんが多い土日に店を閉める事はなかなか難しいのが普通でしょう。与野本町 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ