美容室と理容室

美容室と理容室

美容室と理容室

「院」と「室」の違いというのは、それほど違う事ではないようですが、「美容」と「理容」では厳密に言えば法律で区別されているようです。理容師法と美容師法とではその内容が違います。理容師法では「理容」の定義は髪の毛の長さを調節したり顔そりをして容姿を整える事、とされており、一方の「美容」は髪を結ったり化粧などにより容姿を整える、という趣旨の事が書かれているようです。ですが実際には事細かに定義づけされている訳ではなく、現代ではその違いはかなり曖昧になってきているようです。一時期美容室で男性がカットだけお願いするのはルール違反ではないか?という事が取沙汰されていましたが、それも結局許容範囲であるという考え方に収まったようです。今では美容室と理容室の現場の現実に法律の方が追いついていないような感じになっているのではないでしょうか。実際にカミソリを使う、使わない、といった事も、美容室でも襟足を剃ったりすることも有りますし、ベテランの美容師であれば男性のお客さんの顔そりも実際には施す技術を持ちあわせているようです。今でも美容室は女性が行くところ、理容室は男性が行くところ、といったイメージはもはや無くなってきているぐらい美容室でも多くの男性客を見かけるようになりましたね。美容院という名称の方が美容室よりも正しい使いかた、という事があるようですが、実際にその使われ方を見てみると、一般的には「美容室」という言葉が使われている方が多い、という現実もあるようです。検索サイトで調べてみると美容室という名称の方が多かった、という説も有ります。美容院と美容室ではなんとなくその響きによるイメージも違いますよね。どちらかというと美容院の方がちょっと重たい感じ、料金も高い感じがしませんか?逆に美容室の方がちょっとしたことでも立ち寄れるような印象だったり、若い人たちが好みそうなイメージがあります。美容院、というとわりと年齢を重ねた女性の皆さんがパーマなどの施術の為に行く、という印象があるように思います。実際に調べたわけではありませんが、美容院と名の付くところは個人で長年地元に根付いた仕事をしているような所が多いのではないでしょうか。どちらかというと美容室の方が美容師もお客さんも若いイメージがあります。もちろんそこで担当してくれる美容師の皆さんは同じ免許を持っていて同じようなテクニックを持ちあわせている人たちなのでしょうから、単純にそのお店の雰囲気や客層が違う、という程度の違いだと言えるのかもしれません。綱島 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ