ダイエット中でもお肉を食べてOK!脂みの少ない部位を選べば大丈夫?

ダイエット中でもお肉を食べてOK!脂みの少ない部位を選べば大丈夫?

ダイエット中でもお肉を食べてOK!脂みの少ない部位を選べば大丈夫?

ダイエット中は、カロリーや脂肪分の多い食品は避けてしまいがち…。
という事で、お肉を避けている人もいるのでは?

 

お肉は確かにカロリーや脂質が高いですが、だからといって避けてしまうのは勿体ないです。

 

なぜならお肉にも良質なたんぱく質もたくさん含まれているからです。
お肉を食べるなら、油みの少ないものを選べばカロリーや脂質を防げるでしょう。
それでは、肉の中でもどの部位なら油みが少ないのでしょうか。

 

○牛肉、豚肉、鶏肉、選ぶならどの肉?

 

お肉の種類には牛、豚、鶏とありますが、この中で脂肪やカロリーが少ないものと言えば「鶏肉」です。牛肉はこの中で最もカロリーや脂質が高く、特に和牛は油みが多いです。

 

○豚肉を食べるならももやヒレを選ぶこと

 

豚肉を食べるならば、ヒレやももを選ぶのがおすすめです。比較的油みが少ないからです。

 

○鶏肉を選ぶなら「むね」を

 

3つの肉の種類の中で最もあっさりしている鶏肉。部位の中でも一番「むね」の脂肪分が少ない部分です。
むねはたんぱく質が多く、脂肪分が少ないため、あっさりとしたシンプルな味です。

 

熱すると溶けてしまうくらいです。このため、脂みが苦手な人、ダイエット中の人にも
おすすめできる部位です。

 

鶏肉は皮が一番脂肪が高いため、鶏肉を食べる時には淡泊なむねを選ぶようにするといいでしょう。

 

○羊の肉も脂肪分が多いです

 

牛肉、豚肉、鶏肉について触れてきましたが、羊のお肉もあります。
羊のお肉は脂肪分やカロリーが高いので、あまりおすすめできません。

 

女性はベースメイクのやり方一つで顔の印象が変わります。それくらい全体のメイクを左右するベースメイクですが、セルフメイクがうまい!と思わせるためには、どのようなベースメイクをすればいいのでしょうか?

 

力を入れ過ぎてしまうと、つい「濃い…」と幻滅されてしまう可能性も。

 

ちょうどいい加減のメイクで、ベースメイクがきちんと整って見えるメイクはどのように行えばいいのでしょうか。

 

○資生堂ファンデーション ブラシ 131でフィニッシュ

 

下地をつけてファンデーションを塗ったら、最後はフィニッシュパウダーでテカりを抑えます。
この時使うのにおすすめなのは、資生堂ファンデーションブラシ 131です。
スポンジではなくブラシを使う事で自然について、厚化粧に見えなくなります。
ブラシだと粉が軽やかにつくからです。
資生堂ファンデーション ブラシ 131でフィニッシュの毛は質が良く、肌触りもなめらかで気持ちいいです。

 

○可愛いアイメイクはベースメイクで決まる?

 

アイメイクの美しさはベースメイクで決まるといっても過言ではありません。
マスカラやつけまつげ、アイライナーなど、アイメイクに使えるコスメは豊富ですよね。

 

これらのアイテムを駆使して、自分の理想的な目元をメイクで作るのも楽しいですよね。
しかし、どんなにアイメイクがばっちり決まったとしても、ベースメイクが今一つだと、せっかくのアイメイクも綺麗に見えません。

 

ベースメイクに潤いがなくて汚い感じだと、凝ったアイメイクをしていても綺麗に見えません。

 

美容師 求人 採用 高給与 柏駅


ホーム RSS購読 サイトマップ