ダメージヘアと言われると

ダメージヘアと言われると

ダメージヘアと言われると

シャンプーやコンディショナーの宣伝文句の一つに「ダメージヘアに働きかける」とか「ダメージ修復」というフレーズがありますが、ダメージヘアに効果がある、と言われるとなんとなく使ってみたい、と思いませんか?その理由の一つには、多くの人が自分はダメージヘアである、と思っているからですよね。髪のダメージと言うのは、パーマやカラーリングを繰り返すと必ずと言ってよいほどダメージを受けると言われています。今の時代、パーマもカラーもした事が無い、というヘアスタイルをしている人なんてほとんどいないのが現状です。ですからダメージヘア、と言われると心当たりのある人はたくさんいるのだと思います。それを狙っているのか同課は解りませんが、ほとんどのヘアケア商品が「ダメージヘアに効果がある」と言っているように思いますよね。だから多くの人たその言葉に反応し、その言葉が明記されている商品を手に取ってしまうのだと思いますね。ですがそれでも絞りきれないぐらいダメージヘアに対応している製品はたくさん有ります。一体どういう基準でダメージヘア用のヘアケア製品の中でも効果の高いものを選別する事が出来るのでしょうかね。製品によっては含まれている成分がちがっていたりもするのでしょうけれども、たとえ成分表を見た所で、私達には良く分からないものですよね。結局人は難しい文章を読む事よりも、耳からの情報とか映像など視覚的な情報の方が頭に入りやすいのではないでしょうか。ですからシャンプーなどのヘアケア製品にしても、シャンプーのパッケージの細かい文字を読むよりも、CMなどの映像や聞こえてくるキャッチフレーズの方がとても印象に残る物です。特に自分がかなりの回数見聞きしているCMであれば、自然とドラッグストアで商品選びをする時には、そのCMで見た商品が目についてしまう物です。そういった意味ではCMの効果と言うのは絶大なものがあるでしょう。ですが実際にそのCMもほかの商品のCMと比較しているか、というとそれも定かではないですよね。たとえ比べてみたとしても、どのCMにも綺麗な女優さんの髪の毛が光り輝いていたり、さらさらと風に揺れるシーンばかりで、比較しても何が違うのか、どちらが良いのか、という情報はなかなか掴む事が出来てはいないと思います。結局どれだけの回数そのCMを見たか、という事で、自分の頭の中にその商品がインプットされるかどうかという事が決まってくるのだと思います。ですがメーカーにとってはCMをいう方法はかなりの経費の掛かる宣伝だといえるでしょう。そこまで消費者の印象に残るまでのCM作成ができるところはごく一部の商品と言ってよいでしょうね。鶴瀬 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ