アイラインの引き方は自分の目の形に合わせること!あなたに一番似合うアイラインの引き方は?

アイラインの引き方は自分の目の形に合わせること!あなたに一番似合うアイラインの引き方は?

アイラインの引き方は自分の目の形に合わせること!あなたに一番似合うアイラインの引き方は?

目の形や大きさによっても、似合うアイメイクは変わってきます。
今回は、目のタイプ別に、どのようにアイラインを引いていくのがベターなのか、ご紹介していきます。
自分のアイラインの引き方がわからない!といった方は、是非ご参考にしてみてください。

 

○はっきりした二重の人のアイメイク

 

誰が見ても「二重」に見えるようなパッチリとした目元の女性は、アイメイクをあまり盛らない方がいいです。
もともと二重なので、ハーフ顔のように見られることもあり、アイメイクを入れ過ぎてしまうと、派手な印象になってしまいます。

 

元々二重の幅も広い人は特に、まつ毛も上向きの場合が多く、アイラインを引くと目立ってしまうからです。
アイシャドウで二重の幅を埋めると目元に奥行きが出て、さらに彫りの深い顔に見えます。
まるで本当の外人さんのように見せられるでしょう。
華やかに見せたい場合はいいのですが、もしもシンプルに見せたいのであれば、目元のシャドウはベージュ系あるいはノーシャドウにしてもいいでしょう。

 

控えるべきアイラインの入れ方は、まつげの上にきっちりラインを入れてしまうことです。
元々彫りが深めなので、整形したかのように不自然に見られてしまいます。

 

○まぶたがぽってりで一重の人

 

まぶたの厚みが重くて厚いため、アイメイクがまぶたにつきやすいのが、このタイプです。
目が小さくて、印象が弱くなってしまうことにコンプレックスを持つ人も多いでしょう。
細いアイライナーを使って、まつ毛の上にラインを入れていきましょう。

 

アイラインを綺麗に引いている女性は、同性でも見とれてしまいますよね。
目の形がとても綺麗に見えて、ずっとみていたくなります。

 

女子の中には、アイメイクに慣れていない人もいるのでは?
アイラインを引くためのアイテムとしては、リキッドやペンシルタイプのものがありますが、失敗しないように引くにはどうしたらいいのでしょうか。

 

○鉛筆型なら失敗しにくい!

 

アイラインを引くのにあまり慣れていない人でしたら、ペンシルタイプのアイライナーをおすすめします。

 

リキッドタイプよりも失敗しにくく、ぼやけやすいため、ごまかしがきくからです。
たとえ線がガタガタに乱れてしまっても、後から整えることができ、修正がききます。
ペンシルタイプのいいところは、目元をナチュラルな印象にできて、ナチュラル可愛くできるところです。

 

○難易度は高いけど劇的に変わる

 

リキッドアイライナーはペンシルタイプのものよりも難しいため、メイクの上級者向けといってもいいでしょう。
リキッドタイプは液体なので、インクのようになっていて、ぶれてしまうと他人からもガタガタな線が見えてしまうことになります。
シャープな顔つきにしたい時や、目元をはっきりと濃くしたい時に有効です。
先が細いため、細かい部分までしっかり黒く塗れるというのがメリットで、自由にラインの太さをコントロールすることも可能です。
汗をかいてもにじみにくい性質のものが多く、夏でも重宝するでしょう。

 

○おわりに…

 

いずれにしても、自分が使いやすいと思うタイプを使うようにしましょう。

 

行徳 スタイリスト アルバイト 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ