ガラス張りの美容室

ガラス張りの美容室

ガラス張りの美容室

オシャレな美容室の一つに、店何の壁がガラス張りになっている美容室がありますよね。確かに外から見た時にはとてもオシャレに見えますから、とても素敵で一度は行ってみたい、なんて思うかもしれませんが、実際にその店内には行ってみると、何となく居心地が悪い、と感じる人は少なくないようです。最初からその美容室の事を知っていて、その美容室へ行く事を楽しみにしていた人ならそれなりに心の準備が出来ているかもしれません。ですが例えばネットなどで検索して、建物の感じまでは知らないままでその美容室の予約を入れてしまった場合、店内に入って席に案内されたとたんに、外が丸見えであることに躊躇してしまうかもしれませんね。あのガラス張りの壁、というのは確かに外から見れば素敵なデザインですし、外の光を多くの取り入れる事が出来るので、店内も明るくて感じが良いのかもしれませんが、外から良く見える、という事は自分が美容師さんに髪を切ってもらったり、シャンプー後にタオルを巻かれている様な状況を外の通りの人から見られてしまう可能性もある、という事になります。通りを歩く人たちがみな、美容室の店内に興味がある人たちばかりではないでしょうから、思っているほど見られている事は無いかもしれませんが、それでも妙に恥ずかしくて居心地が悪い、と思う人もいるに違いありません。かつての美容室と言えば、美容師さん一人がお客さんに対して最初から最後まで見てくれるのが普通でした。ですが最近の美容室では美容室内でその作業が色々と分業されている事が殆どです。特にシャンプーはアシスタントと呼ばれる人たちが担当している事がほとんどです。せっかく自分の好きな美容師を指名しても、シャンプーは別の人、というのにはちょっと嫌だな、と思っているお客さんも多いかもしれません。その他パーマをお願いしてもロッドを巻くのは他の美容師で、自分を担当してくれるはずの美容師は他の人のカットに入ってしまった、というような事が良くあります。あまりに分業されて、まるで流れ作業のようにされてしまうと、なんとなく本当に心を込めて自分の事を担当してくれているのか、と疑問に思ってしまったりもしますよね。もっともそもそも美容師さんにいくら担当だからと言って、長時間そばにいられるのも苦手、という人もいるので、そういう人にとってはある程度分業化されているのは気分が楽なのかもしれませんね。ですが分業されていて入れ代わり立ち代わり、自分の髪の毛を触る人が変わるのは、それはそれで気分の良いものではないかもしれません。かつての美容室は、もっとゆったりとしていて、美容師との関係も付かず離れずのいい感じだったのかもしれません。与野本町 床屋


ホーム RSS購読 サイトマップ