原因と対策

原因と対策

原因と対策

髪の毛の老化を感じ始める事は、他の老化現象とは違って見た目に直接影響する事なので、ショックの度合いが大きいようです。ですが多くの人たちは老化現象の現れ、例えば白髪や抜け毛と言った事に直面するまでは何の対策も講じていないことでしょう。ですが老化現象が起きてから対策をする事は出来る事が限られています。逆にまだ若いうちからいずれは年を取ることを念頭に置いて、老化を遅らせる対策は結構あるのです。もちろん最終的には老化現象は起きてしまうかもしれませんが、それを遅らせる事は十分に可能なんですね。そのためにはどの要因に対して、どういう対策を取るべきなのか、という事を知らなくてはいけません。髪の毛の老化現象を引き起こす要因は主に3つあり、「血行不良」「ストレス」「ホルモンバランス」だと言われています。この3つが絡み合って老化現象は加速します。もちろんそれ以外にも私達にはどうしようもない細胞レベルの老化も有ります。ですが要因を一つでも抑える事で老化全体を遅らせる事は可能です。この3つの要因に対して若いうちからまんべんなく対策を取り、またどれかひとつでもその要因に当てはまる事が出てきたら、かならず何らかの対応をしておく、という事がいつまでも若々しい髪の毛でいられる方法だと思われます。老化現象って、年を取るから起こるのだ、と思っている人が殆どだと思います。確かにそうなのですが、では年を取るとどんな身体の変化が起こって、どんな変化のために髪が抜けたりほそくなったりするのでしょうか。人の老化についてはまだまだ解明されていない事も多いのですが、今言われている説の中では、血管の質や血流の量などが関係している、と言われているようです。よく「血管年齢」と言う事が健康診断などで言われていますよね。その血管年齢とは血管の弾力性のことを言っているんですね。この弾力性は年齢と共に力を失っていきます。そうなるとそれにともなって血液の流れが悪くなるんですね。つまり血流量が低下するのです。このことが髪の毛の生育に大きく関係していて、抜け毛や細毛と言った髪の毛の質の変化をもたらす様です。またモルモンの分泌量も大きく関係していると言われています。女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が髪の毛の老化に大きく関係するのです。よく女性の皆さんが更年期になると髪のボリュームが大きくダウンした、と気にするのは、この時期にエストロゲンの分泌が極端に減少するからなんですね。この「血流量」と「エストロゲンの分泌」が原因だとすると、これを改善する方法があれば老化現象は防げる可能性がある、という事になるのかもしれません。栄にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ