いつもよりツヤ感たっぷりのお肌に見せるコツとは?

いつもよりツヤ感たっぷりのお肌に見せるコツとは?

いつもよりツヤ感たっぷりのお肌に見せるコツとは?

いつも肌がカサカサ、ツヤがなくて老けた印象に見られてしまう…という方は、お肌にツヤ感が足りていないのも原因の一つです。
光沢のないマットな肌は、クールな印象に見せたい時はいいのですが、近寄りがたく、場合によってはおばさんのように見えてしまうこともあります…。
ツヤ感があるだけでも、若々しい印象になり、女性らしく見えるようになります。

 

といっても、なかなかツヤ感のあるメイクができない…という人もいるでしょう。そのような方も、ちょっとしたコツを抑えていれば、十分ツヤ感あふれるメイクができるようになります。

 

○下地にパール入りのものを使う

 

お肌はツヤがあるだけでも、十分美肌に見えるでしょう。

 

最近では、光沢を出してくれるファンデーションなども販売されていますが、ファンデーションを付ける前に、パール入りの下地を使うのもおすすめです。
パールがちらつくだけでも、お肌が華やかな印象になります。女子会やデートの時にしていくと、お肌が生き生きとして見えて、美肌をアピールすることもできるでしょう。
粒子の細かいものを選べば派手に見えず、上品な印象になります。
くすみが強い人は、ピンクやパープルを選ぶと、くすみが目立たなくなります。

 

○ファンデーションの選び方を工夫する

 

元々お肌にツヤのある人は、パウダリーファンデーションでも十分ツヤ肌のメイクに見せることができるでしょう。

 

ただしそうでない場合は、リキッドタイプをおすすめします。パウダータイプを使ってしまうと、ツヤが奪われてマットな印象に見えてしまう可能性があるからです。

 

 

30代になると、20代にやっていたのと同じアイメイクがしっくりこなくなったりしますよね。

 

かといって、地味にしすぎるとオバサンに見えてしまうし、スッピンだと手抜き感が出てしまいます。
若作りに見られずにも、目元を明るく華やかにするアイメイクに、お困りではありませんか?
30代女子にぴったりなアイメイクにも、コツがあります。
そこで今回は、上品でも魅力的な目に見えるようなメイクテクニックをご紹介していききす。

 

○アイラインを引くなら黒ではなくブラウンで

 

20代の頃は、目をデカ目にしたくて、黒のアイライナーでがっつりラインを引いていたという女子も、30代で同じメイク法は通用しなくなってきてしまいますよね。

 

30代で上品なメイクを目指すならば、黒のアイライナーは厳禁。
ブラウンを選びましょう。
ブラウンなら目元を強調しすぎることなく、適度に引き締めることができます。

 

また、黒よりも膨張するため、柔らか印象を与えることができます。

 

ブラウンは肌馴染みが良くてナチュラルなため、アイメイクをさりげなくすることができます。
また、太く引くのではなく細く引くことでより一層自然に見えるでしょう。
細く引くことでアイメイクをナチュラルに見せることができ、適度に目を大きく見せることができるでしょう。

 

○ブルーのシャドウもおすすめ

 

20代の頃は挑戦してこなかったブルーのシャドウも、30代になってトライするとしっくりくることも。
クールは大人っぽい印象でクールになります。
地的な印象になるため、ビジネスシーンにもよく馴染むでしょう。

 

稲毛 仕事 美容室 求人


ホーム RSS購読 サイトマップ