髪の毛の表面が傷ついている

髪の毛の表面が傷ついている

髪の毛の表面が傷ついている

髪の毛がパサつく、という現象が起きる原因の一つは髪の毛の表面のキューティクルが傷ついているからなんですね。髪の毛のキューティクルは鱗の様な感じになっていて、それがきちんと揃って閉じている状態であれば綺麗なツヤが出るのですが、このキューティクルが傷ついていると髪の毛がキレイに見えなくなるばかりか、髪の毛の内部に対して外部の刺激が著靴加わってしまうので、髪の毛にとっても良くない事なんですね。このキューティクルが傷つく、と言う現象は私達のちょっとした不用意な行動でも起こり得るんですね。もちろんパーマやカラーを繰り返したことによってもキューティクルが傷ついてしまう事がありますが、それだけではありません。私達が日々の生活でちょっと意識するとでキューティクルを大切にする事が出来るんですね。たとえばシャンプー後の髪の手入れです。髪の毛が濡れている状態では髪の毛のキューティクルが開いている状態となってしまいます。そのままじっとしているのなら良いのですが、時にはその髪の毛が濡れた状態のまま、つまりキューティクルが開いている状態のまま横になって寝てしまう人もいますね。そうするとキューティクルが平板状態のまま布団やまくらとこすりあう事になり、傷ついてしまうんですね。そうなると翌朝起きてみて「髪の毛がパサついている」と感じる事になるようですね。「最近髪の毛のパサつきが気になる」とか「今日は髪の毛がパサついて困る」と言う様に感じる事はありませんか?「パサつく」というのは「パサパサしている」と言う言葉から出来た言いまわしたと思うのですが、特に髪の毛に関して言えばとてもうまく言い表している様な気がします。このパサつく、と言う現象は決して望ましい事ではありませんね。町田でスタイリストの求人がヘアサロンパサつく、という現象が起こると髪の毛が上手くまとまらない、ツヤが無い、といった困った事が起こってしまい、簡単に言えば髪の毛がキレイに見えないんですね。ですからこのパサつく、と言う現象を出来るだけ避けたい、と思っている人が殆どなのですし、ヘアケア剤の売り場に行けば「パサつきを抑える」というフレーズが入った商品を良く見かけます。みな髪のパサつきには困っているんですね。ですがこのパサつくと言う事は勿論ですが、髪の毛に起こる良くない現象においては確かにヘアケア剤でもなんとか落ち着かせることはできるかもしれませんが、基本的にはそういう良くない現象が起きない様に日頃から髪の毛をケアしておくことが大切なんですね。まずは髪の毛のパサつきは何が原因で起きるのか、そもそもパサつく、というのは何がどうなって起きるのか、と言う事を知っておきたいものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ