髪を乾かす時からが勝負

髪を乾かす時からが勝負

髪を乾かす時からが勝負

スタイリングをする時にただスタイリング剤を付けてドライヤーはヘアアイロンを使えばよい、というわけではないようです。まず最初に大切になるのはしっかりと髪を濡らしてからドライヤーを使う、という事です。この髪を濡らす作業を怠ると仕上がりが思う様にならないようです。コツとしては髪の毛を濡らすのではなくて、根もとからきちんと濡らす、という事です。しっかりと髪の毛を濡らしたらドライヤーを使って乾かした行くのですが、その時にただやみくもに乾かすのではだめなようで、乾かす時の順番と言うものがある様なんですね。まずは濡れた髪をきれいに櫛で梳かしておきます。それは濡らした重さである程度クセが伸びている状態の髪の毛をさらにとかしてストレートに近い状態にしておけば、乾いた時にも有る程度クセが抑える事が出来るからです。もしもただ濡らした状態のくせが強い状態のままで放置していると、そのまま乾いてしまう可能性があるからです。濡れた状態のまま均一にくせを伸ばしたきれいな状態にしておくことがとても大切です。そして乾かす順番として一番最初に前髪を乾かすと良いのだそうです。それは髪の毛の短い部分の方が早くクセが戻ってくるからです。他の所を乾かしている間に短い前髪だけが乾いてしまってクセが戻ってきてしまうからです。髪の毛にクセが無い人ならボリュームアップするために、どやいやーで髪を乾かす時には毛先を立ち上げる様に乾かすように美容師からアドバイスを受けると思います。ですがクセがあることで悩んでいる人にとってはボリュームアップすることはとんでもない事ですよね。できるだけボリュームを抑えるためにはドライヤーで根元を立ち上げるのではなくて、逆に名元を押さえる様に温風を当てると良いようです。角度から言うと斜め上からあてて根元が立ち上がってしまうのを防ぐ感じですね。ですが縮毛矯正をかけた時にはいくらクセを押さえるのが大切、と言っても、逆に抑え過ぎて不自然な仕上がりになりがちです。ですから根元はしっかりと押さえて、全体的にはふんわりとさせるのが自然なスタイルに仕上げるコツだと言われています。根元を押さえて全体を乾かしたら、仕上げにロールブラシを使うとよいのだそうです。ロールブラシを使う事で自然な丸みを出す事が出来るようです。縮毛矯正をかけた直後であまりにもまっすぐな仕上がりが気に入らなかった時には、ぜひこの方法でスタイリングをしてみるとよいでしょう。そのスタイルをキープするためには、スプレーなどでそのスタイルを固めてしまうとよいでしょう。さらにアレンジがしたい場合にもまずはこの状態を作ってからアレンジする方が良いようです。池袋西口 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ