前処理でダメージケア

前処理でダメージケア

前処理でダメージケア

美容室では全くダメージケアをしてくれないのか、というとそういう事はありません。実際にできるだけダメージを抑えるためのメニューを持っている美容室はたくさんあります。その一つがトリートメントです。トリートメントは私達素人でも、髪の毛のダメージケアをするものだ、という事は想像できます。ですが美容室で持っているテクニックとしては、パーマやカラーリングをする前に、まずトリートメントを前処理として行う事で、できるだけダメージを防ごう、というものなんですね。それでも決してダメージがゼロになる、という事は無いのですが、この前処理をするのとしないのとでは、ずいぶんとダメージが違うのは事実の様です。ですが私達が美容室でカラーリングをお願いした時に、色々なプロセスがあるのは感じますが、各々のプロセスが何のために何をしているのか、という説明を詳しく聞くことはあまりありませんよね。例え説明されたとしても、良く分からないけれどお任せします、と思ってしまう事が殆どでしょう。ですが美容室によってはこの前工程のトリートメントを当たり前のようにやってくれる所も有りますが、逆に別メニューとして扱っている美容室も有りますし、まったく取り入れていない美容室も有る様なんですね。私達がその事を知らないと、ダメージを広げてしまう可能性がある、という事です。カラーリングの前に前処理としてトリートメントをする事で、カラーリングによる髪へのダメージを軽減する、という方法を取り入れている美容室もありますが、カラーリング剤にトリートメント剤を配合して、やはりダメージを押さえる事に努力している美容室も有るようです。その場合には前処理のプロセスというものが無いので、私達としては前処理をしないかカラーリングと勘違いしてしまうかもしれませんね。これもまた説明されても良く分からない感じなのかもしれませんが、よく「ダメージレスのカラーリング」などと言われていたりメニュー表記がされていたりすると思われます。それを私達が「全くダメージが無い」と勘違いしてしまう恐れもあるのですが、取り合えずダメージを減らすための処方をしてくれる事には違いありません。一番良いのは、私達の髪の毛の状態を見て、この人にはこの方法がいちばんダメージが少ない、という方法をきちんとプロの美容師が見極めてくれる事でしょう。そのためには美容師には私達の髪の毛の現在の状態だけではなく、それまでにどのようなカラーリングやパーマを髪に与えてきたか、という遍歴も情報として必要だと言われています。よく美容室を渡り歩いている事がばれるのが嫌で、これまでのカラーリングの経緯を誤魔化して言ってしまう人もいるようですが、それは良くないようですね。大宮 美容室 カット カラー パーマ デジパ メンズ 口コミ


ホーム RSS購読 サイトマップ