マイナス5歳はちょうど良い

マイナス5歳はちょうど良い

マイナス5歳はちょうど良い

最近なにかと美容関係においてもアピールポイントとして「マイナス5歳」と言う言葉を聞きますよね。確かに理想としては実年齢よりもマイナス5歳程度若く見られることは、ちょうど良く若返ることができる感じかもしれません。あまりにも無理をして40歳なのに30歳であるかのごとく若作りをするのは、逆にマイナスイメージになる可能性がありますが、5歳程度若く見えるのは、日頃のケアが行き届いているとか、心が若い、とかというちょうど良いプラスのイメージに結び付くような気がしますね。化粧品などのCMでマイナス5歳肌などと言われていますがまさに人工的ではなく自身の内側からにじみ出る若さとして5歳というのはちょうど良い感じです。ヘアスタイルも同じだと思います。40歳なのにとてつもなく若いヘアスタイルをするのはどうしても顔立ちとのミスマッチが起きてきます。そうすると無理をしている感じばかりが前面に出てしまってちょっと痛々しい感じになってしまいますよね。ですが5歳程度若く見える様に工夫をする事は、日頃のケアが行き届いている感じが見えて「ちょっとした努力を怠らない女性」という良いイメージになるでしょう。ようするに年齢が40歳だからと言って、まだまだ諦めていないぞ、という前向きな気持ちの表れだと感じられるのが良いと思いますね。30代の頃と言うのは、まだまだ20代に見える様に目指す事も悪くはありません。実際に30代であるのに20代に見える若々しい女性は多くいるものです。そんなに無理をしている感じがしないのは、まだまだ肌のツヤや髪の毛の艶やハリが大きくは失われていないからではないでしょうか。ですが40代ともなるとどうしてもハリやツヤと言った面では衰えを感じざるを得ません。それにも拘らず20代の時の様なテーマで若さを表現するのはそもそも無理があります。40代と言えば仕事においても過程においてもワンステップアップした女性になる年齢です。そういう年齢層にふさわしいテーマと言えば「上品であること」ではないでしょうか。大人の上品さというものを表現する事はその年齢に合った人生の経験値や知性などを感じさせると同時に、まだまだ女性としての美しさにこだわり続ける気持ちの若さをアピールする事に匹敵すると思うんですね。品がある、というのはまさにこの年齢から必要になってくるものだと思います。そうした品の良さを常に意識しながらヘアスタイルや肌の手入れ、ファッションなどにこだわっていけば、マイナス5歳というテーマは自然とクリアしていくことができるのではないでしょうか。美しい大人の女性でありたい、と常に願う事は大切な事でしょう。横須賀にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ