無名な製品は良くないのか

無名な製品は良くないのか

無名な製品は良くないのか

ドラッグストアに並んでいるヘアケア製品の中には、CMでも全く見たことが無いし使っている人を全く知らない、というような無名な名前やメーカーの製品も有りますよね。そのような製品と言うのは実際には質が良くないものなのでしょうか。そういう製品に対して成分表をじっくりとみたりする事も無いので何とも言えませんが、同じシャンプーでありながら知名度の低いもの、というのはおそらく質が良いとか悪いとか以前に、単純に宣伝効果が低いからかもしれませんね。もしくはまったくCMなどをやっていない、という商品かも知れません。私達は良く聞く商品、良く目にする商品なら良いものであったり人気のある商品だ、と単純に思ってしまいがちですが、時にはまったく無名だけれども使ってみたらなかなか良かった、というような製品も有ると思われます。ですがなかなか聞きなれない商品名の製品を手に取って購入する、というのは少し勇気がいりますよね。イマドキはネットで下調べをしてから購入する、という手段も有りますが、なかなかそこまでする人も少ないでしょう。ですが逆に今の時代には口コミを投稿したり閲覧したり、という事が出来る時代ですから、CMなどではまったく情報が無くても、口コミでじわじわと人気が出てくる商品も少なくありません。本当に自分の髪の毛に対して効果のある製品を探そうと思ったら、一番良いのは信頼できる美容師にどれを使ったらよいのか相談してみる事だと思います。もしも長年自分の事を担当してくれている美容師ならば、髪質や頭皮の状態を良く知ってくれているはずです。ですからどんなことをケアすべきなのか、そのようなタイプのヘアケア製品があっているのか、という事を旨く判断してくれるはずです。ですがその担当美容師の立場や性格によっては、本心からお客さんの事を思って薦めてくれるとは限らない場合も有ります。それは美容室ではそこに出入りしている業者さんがいて、そことの関係によっては美容室はその商品を売らなくてはいけない立場にあるからです。また少しでも美容室の売り上げを上げなくてはいけない経営状態の場合、お客様に合う合わない、という以前に、シャンプー一本でもお客さんに購入してもらう事の方が大切になってしまう場合もあると思われます。ですからどのシャンプーが良い、というアドバイスよりは、その美容室であつかっているシャンプーを勧められてしまうことが多いと思われますね。ですがなかなか美容室で販売されている商品は料金が高いものが多く、なかなか手が出ないものです。「ドラッグストアであつかっているシャンプーならどれが良いか」と尋ねてみるのが良いかもしれません。吉祥寺のヘアサロン


ホーム RSS購読 サイトマップ