ネイリストと美容師

ネイリストと美容師

ネイリストと美容師

よく美容室ではネイリストさんも常駐している事があります。同じ職場に居ても美容師とネイリストでは出来る事が全く違います。美容師免許を持たないネイリストであれば、決して美容師の手伝いをネイリストがやることはできません。つまりネイリストは美容室に居ながらも、美容師がどんなに忙しくても、その範疇の仕事には手を出せない存在なわけです。ですからネイリストの方もそれを良く心得いなければネイリストと美容師の間に確執が生まれる事も良くあるようです。実際に良く聞く話で雇ったネイリストがすぐに辞めてしまう、という事が多々あるようです。その大きな理由は美容師から見てネイリストが「接客が出来ない」と言う事があるようです。新人のネイリストならまだまだ接客技術が身についていなくて当然です。また中途のネイリストの多くは個人でネイルをやっていた、という人が多いので、接客について鍛えられた経験は少ないものです。逆に美容師はアシスタント時代にカットは出来なくても現場に出て先輩から徹底的にお客さんに対する接客術を叩き込まれます。これだけ差がある両者が同じ空間で働く、というのはそもそもギャップがありすぎるものなのかもしれません。美容師から見たら接客すらまともにできないのに、美容師が忙しい時間に何もできない存在、というイライラした気持ちを持ってしまうのかもしれません。美容室の名錠を語るときに、その美容室の規模がスタッフの環境の違いをもたらす、と言っても良いかもしれません。つまりどれだけの人数がその職場にいるか、という事が、スタッフ同士の確執や派閥を産む元になると思うんですね。どんな職場でも同じですが、人数が多ければそれだけ色々な人がいます。美容師はみな個性的な人が多く、その個性がその美容室を盛り上げるものなのでしょうけれども、もしもスタッフの人数が多ければ、その個性に同調する事の出来る存在のスタッフが出てきます。数名ずつのグループの様なものが出来てしまったりもするでしょう。それが派閥のようなものになってお互い罵り合うような事になると、その美容室の雰囲気は当然悪くなります。ですがもしもスタッフの人数が多い美容室であるならば、スタッフの個性は、ただの個性で済みます。あの人はこんな人、と思っていればよい訳で、そもそも人数が少なければ派閥を作るほどの人数がいないのですから、互いが「自分とは違う」と思っているだけで済むわけです。運が良ければスタッフ通しが互いを認め合い、とても居心地の良い職場環境を作り出す事もあるかもしれません。もしも他人に干渉されたくないとか、グループや派閥は苦手、という美容師であれば、規模の小さい美容室で働く方が上手くいくかもしれませんね。清澄白河 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ