なぜ一か月後に落ち着くのか

なぜ一か月後に落ち着くのか

なぜ一か月後に落ち着くのか

縮毛矯正をかけるとその時すぐにではなく、一か月ぐらいたってから「落ち着いたな」とか「しっくりくるようになったな」と感じるのは何故でしょうか。ただ目が慣れてきた、という事もあるかもしれませんが、実際にその一か月間に髪の毛が変化している事も考えられます。まず一つには髪は毎日少しずつ伸びています。ですから縮毛矯正をかけて一か月後には、縮毛矯正をかけていない髪の毛が数ミリ生えて来るわけです。その元々の地毛にはクセががる訳ですから、少しふくらみを持って伸びてきます。縮毛矯正をかけた直後、というのは根元からきちんとかかっているので根もともストレートなわけです。ですから最初は根元からペタンとして頭に張り付いた様な不自然なスタイルになってしまうわけです。ですが地毛が数センチ伸びてくると、その頭皮に張り付いているように見えた部分が少しふんわりと立ち上がります。これがかなり自然な感じに見せてくれるんですね。おそらく美容師はこの工程を想定して、根もとまできちんと縮毛矯正をかけている、と考えられます。その方が縮毛矯正の効果が長持ちするように見えるからです。ですがそのかけた直後の不自然な感じで一か月過ごすのは、お客さんとしてはちょっと残念かもしれません。ですから一か月後ではなくて直後から自然な感じにしたいのだ、という事を美容師に伝える必要があります。縮毛矯正をかけた人の中には経験があると思うのですが、縮毛矯正をかけた直後に大満足した、という人はなかなかいないようです。特に初めて縮毛矯正をかけた時にはあまりにもストレートになった自分の髪への戸惑いも有ってとても不自然だ、と感じてしまう人が多いのかもしれません。目が慣れてくるからか、多くの人は施術後一か月ぐらいしてから初めて、いい感じのストレートになった、と思う様です。ですが考えてみると、一か月たって自然な感じになるのであれば、最初から縮毛矯正の強さの加減をしてもらえば、最初から自然な感じに仕上げる事ができるんじゃないか?どうしてそのように対処してくれないのだ?と思う人がいるのではないでしょうか。それは美容師の技量が悪くてそうなってしまうのか、そういうことを望むお客さんの方が無理難題を言っているのか、良く分かりませんね。ですが縮毛矯正に限らず普通のパーマでもかけた直後というのは不自然な感じがするものです。美容室側から言えば、せっかく料金を支払ってかけているのだから、すぐに効果が落ちてしまった、と言われてしまうのも残念なことです。だから一応はしっかりと効果が感じられるような仕上がりにしておく、という事がセオリーなのかもしれませんね。大森の美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ