お肌のくすみ0へ!色ムラができてしまう多くの原因とセルフケア

お肌のくすみ0へ!色ムラができてしまう多くの原因とセルフケア

お肌のくすみ0へ!色ムラができてしまう多くの原因とセルフケア

お肌の色ムラが気になっている人はいませんか?
くすんでいるところと明るいトーンのところがはっきりわかってしまうと、お肌はあまり綺麗に見えません。

 

むしろ老けたような印象になってしまいますし、明るいところとの差がつきすぎて、しっかりお手入れしていないように見られてしまうこともあります。

 

といっても、くすんでいるところを急に白くなんてできない…。
どうやって色ムラを隠していけばいいの?とお困りの女性もいるでしょう。
今回は、色ムラが綺麗になるようなセルフケアについてご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

○色ムラの原因は血行不良にあった?→代謝をアップさせる

 

まだそんなに年ってわけでもないのに、どんよりとくすんだような肌のくすみがあるという人は、血行不良のためにくすんでいる場合が考えられます。

 

リンパの流れが滞っている、冷え性などで代謝が落ちてしまい、お肌がくすんで見えてしまうのです。

 

朝はパっと明るい肌だったのに、夕方になってくるとどんより色ムラができてしまっているのは、血行不良が原因のケースが多いです。

 

お肌がくすんでしまうのは、血行不良で代謝が落ちているからです。
喫煙する習慣のある人は、それだけでも色ムラが発生する原因となってしまいます。

 

 

血行不良によるくすみに対処していくには、マッサージクリームを使って、リンパの流れを改善していく習慣をつけるのがいいでしょう。

 

リンパの血流を良好にしていくためにも、マッサージをするとさらに効果アップです。
体を常に温める習慣をつけておくのもいいでしょう。

 

秋になるとマロンを使ったスイーツやご飯が増えますよね。
栗おこわやマロンケーキ、栗きんとん、マロングラッセなど、栗を使うと甘みがましてちょっとしたアクセントになって、おいしいですよね。

 

そんな栗は、彩や味のメリハリになるだけでなく、実は美容にも良い側面があったのです!
それはどのようなところでしょうか?

 

○栗がもつ代表的なビタミン

 

栗が美容にいいと言われるには、栗にはビタミンCがたっぷり含まれているからです。
栗を食べることによって、紫外線によってできるメラニンを抑えて、発生してしまったメラニンを還元することができます。

 

要するに、紫外線をたくさん浴びてダメージを受けてしまったお肌を回復させるにも、ぴったりです。

 

○ビタミンB群も健康的な肌作りに欠かせません

 

栗にはビタミンB1やB2も含まれています。
ビタミンBは疲れを回復させてくれるなど、健康面にもいいですが、粘膜を健康的な状態に保ってくれる働きがあります。
さつまいもよりも食物繊維が豊富なのも嬉しいところです。

 

○栗のブラウニーがおすすめ

 

秋になると栗を使ったスイーツも増えるため、美肌のためのビタミンを取り入れるため芋、ぜひマロンスイーツを選んでみてください。

 

栗を使ったスイーツには、モンブランが代表例として挙げられますが、栗のブラウニーもおすすめです。

 

少しビターなチョコレートと甘い栗は、絶妙にマッチング。
おうちでも簡単に作れます。
小麦粉にバター、砂糖とチョコレートをミックスすれば、チョコブラウニーのベースが出来上がります。そこに栗の渋皮煮をまぜるだけ。
マロングラッセでも代用できます。

 

稲毛 美容室 求人 社会保険


ホーム RSS購読 サイトマップ