プロとしての会話

プロとしての会話

プロとしての会話

美容師との会話が楽しくない、というお客さんは多いものです。一方で美容師との会話の中で良かった、と思う事は、美容師がプロとして髪の事やヘアスタイルの事を話してくれた時です。根ほり葉ほりプライベートな事を質問されたり、逆に聞いてもいないのに延々と自分の事をしゃべる美容師には辟易すると思います。ですが美容師は髪の毛のプロです。髪の毛の事、頭皮の事で素人には解らない事を美容師は知っているはずなんですね。美容室へ来るお客さんはヘアスタイルを整える事を目的としていますが、多くのお客さんは自分の髪の毛はヘアスタイルに対して大なり小なり悩みを持って言るはずです。スタイリングが自分ではうまくできない、最近抜け毛が気になる、髪が傷んできたように感じる、など誰もが抱える髪の悩みです。そういう悩みを解決できるような話を美容師がしてくれたならば、それはとても役に立つと思うのです。いつもは一方的に美容師が話している感じだった会話も、お客さんの方から質問したくなるような感じになるかもしれません。美容師と互いのプライベートを話し合うのはあまり意味のあることとは思えませんが、自分にとって役に立つ情報をその時間に得る事が出来るとしたら、お客さんはとても嬉しいはずですよね。美容師とのかかわりにおいて一番良く言われるのは「余計なおしゃべりをしないでほしい」という事でしょう。これに関しては美容師の人にはちょっと気の毒だな、と思う部分も有って、美容師の人たちは皆悪気があってお客さんにとって不快なおしゃべりをしている訳ではありません。おそらくお客さんを楽しませるために会話を一生懸命にしているだけなのだと思うのですが、最近ではその教育がかなり行き届いているのか、美容師が必死になってなんとかしゃべろうとしているケースも目立ってきているようです。逆に人との会話を楽しむ事をあまり好まない人も増えてきている現代社会において、その美容師の気遣いが仇となってしまう事もよくあるのではないでしょうか。ですから美容師にとっては「どのお客さんは会話が好きで、どのお客さんは会話を好まないのか」という事を見極めなくてはいけない時代になってしまったのかもしれません。ですがやはり話術と言うのがあるので、同じ会話をするにしても、この人との会話は苦痛だけれども、この人と会話は楽しい、という事もお客さんの側にしたらあるものなんですよね。このテーマは解決がとても難しいですね。お客さん側も話しかけてほしくないのであれば、本を持参して読むとかスマホをいじってみるといったアピールも必要かもしれませんね。横浜 スタイリスト 求人 ヘアサロン


ホーム RSS購読 サイトマップ