老化現象のパターン

老化現象のパターン

老化現象のパターン

髪の毛の老化の特徴というのは、どの様な事があるのでしょうか。おそらく皆さん解っているような気持になっていると思いますが、正しくその原因や対処法は理解できているでしょうか。髪の毛の老化現象には大きく分けて二つの症状がある、と言われているようです。ひとつは「髪の毛の本数が減る」という現象で、もうひとつは「髪の毛の質が変わる」というものです。髪の毛の本数が減る、というのはいわゆる「ハゲてくる」と言う症状で、もうひとつは「髪が細る」とか「ボリュームダウンする」と言う症状です。どちらも初期の頃にはあまり自覚が無いように思います。ですが進行してきた時に明らかにダメージが大きいのは「ハゲてくる」と言う症状の方だと思われます。特に女性よりも男性の方がこの老化現象が起こる人が多く、気にしている男性も多いですよね。ボリュームダウンなどの髪の質の変化については白髪もこれに含まれると言えるでしょう。女性の多くはこの白髪が自分の頭にあるのを見つけて、まずはショックを受けるようですね。ですが実際には白髪を発券する随分前から、髪の毛が細る、ツヤが無くなる、といった髪質の変化は起こってくるようですが、ハゲてくるのとは違ってあまり自覚しにくいと同時に周囲からもあまり解りにくい症状だといえるでしょう。敵を知らなくては倒せない、という言葉がありますが、老化現象もその通りで、決して避ける事は出来ないとはいえ、少しでもその症状が出るのを遅くしたり、進行を遅らせる事が出来ないわけではありません。そう言った事に取り組むにはまず老化現象とは何が原因で何が起きるのか、という事をよく知らなくてはいけません。人は誰でも自分はまだまだ若い、と思っていたいものです。色々と体の変調を感じるようになって初めて、自分が思っている以上に歳を重ねている事を実感するものです。そうなるまではどんなに実年齢が上がって行っても「自分は大丈夫」と思っているものです。髪の毛の変調にしても同じです。ましてや健康に関わることではない、とどこかで思っているので、症状が出るまでは全く気にしない人が多いのです。そして症状が出て初めて落ちこんだり焦ったりするものです。ですがもしもそれまでに老化についての正しい知識を学び、どうやって対処すればよいのか、という事を学んでおけば、きっと発症や進行を遅らせる事が出来るのです。身体の老化である生活習慣病などについてはみなさん興味を持って学び、罹らないための対応をすると思うのです。髪の毛については発症した時にはとても気にするのに、それまでには無頓着でいる人が多いと感じますね。府中にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ