料金の違い

料金の違い

料金の違い

男性の皆さんの中には、近年美容室へ行く人が多くなりましたね。中にはこれまで床屋へ行っていたのだけど美容室に変えようかどうか悩んでいる、という人もいる事でしょう。その時に考えるのは料金の違いもあると思います。一般的になぜか美容室よりも床屋の方が安い、というイメージがあるようです。それは美容院とか美容室、と聞くとそれだけでおしゃれだったり内装や外装に凝っていたり、またお客さんに対するサービスも充実していて、そんなことも含めると料金が高く設定してある、というイメージがあるのかもしれません。ですが実際に色々な美容室を見てみると、美容室と言う所のカット料金はそれ単体で支払う事、というのはあまり無いんですね。多くの美容室ではパーマやカラーリングと合わせてカットも行われるので、セット料金となっている事が多いのです。カットだけの料金と言うのは意外と床屋よりも安かったりするんですね。床屋の利用資産はそのカット技術に自信を持っている人が多いものです。いかにはさみ一本でキレイに仕上げる事が出来るか、という事を追求しています。ですからその技術に対して対価をつけるならば、それは 美容室でのカットよりもかなり仕上りも良く、美容室の料金よりも高く設定してもお客さんの満足度は高い事が多いようです。「床屋」という名称だけで安いイメージを抱くのは間違いの様ですね。男性が髪を整えに行く所の名称としては「床屋」「理容院」「理容室」という呼び名があるように思います。どれも結局は同じようなもので、特別にその名称の違いによる内容の違いは無いと思われます。同じように理容師免許を持っている人が施術をしてくれますよね。昔からよく使われている名称は「床屋」で、江戸時代に使われていた「髪結い床」というの言葉が由来だと言われています。ですが「床屋」という言葉は放送禁止用語である、という説も有り、あまり印象が良くない、とされている事もあるようですし、確かに最近の若い人たちは「床屋」とは言わないで「理容院」とか「理容室」と言っているのかもしれません。たしかにイメージとしてはちょっと古めかしいお店の様なイメージになっているのかもしれません。ちょっと料金も安いのでは?というイメージもあるかもしれませんが、昔なじみの親しみやすい言葉として「床屋」と言っている人も多いようですね。たとえそれが最近オープンしたちょっとオシャレな理容室であったとしても、特に男性たちの間では「床屋へ行ってくる」という感じで軽く使われている様な気がしますね。それには音の響きや言いやすさも関係しているのかもしれませんね。何となく理容院とか理容室と言う方が言い難い感じですね。二子玉川の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ