シャンプーの後で

シャンプーの後で

シャンプーの後で

髪の毛は濡れている状態の時にその状態が解ると思いませんか?特に思われるのはパーマのかかり具合はクセの度合いです。スタイリングをした後とか夕方にかけてそのスタイリングが少し乱れてきた時とか、というのは自分の髪の毛をスタイリングした結果なので、本来の髪の毛の状態ではない、と思われますが、シャンプーをして髪の毛がしっかりと濡れているという状態の時には、クセやパーマの状態と言うのは、その時の正しい髪の毛の状態を表していると思います。ですからシャンプー後にタオルドライをする前の髪の毛を鏡で見る事が出来ると、その時に「なんだかパーマが落ちてきたな」という事が一目でわかることがあります。また日頃はあまり思わない前髪がやたらと長くなっている事にも気が付いたりします。ですからシャンプー後に自分の髪の毛がこんなに伸びていたっけ?と感じる人は少なくないと思います。ですが自分でうっとおしさを感じていなければ、その時には伸びたことを意識できても、翌朝になったらまたすっかり忘れていたりもしますね。ですが濡れた髪の毛の状態でパーマが落ちている、と感じるならば、既にかなりパーマの効力が落ちているものと思われます。おそらくスタイリングにも少しずつ時間がかかっている状態ではないでしょうか。美容室でパーマをかけたばかりの時ってスタイリングが難しい、と思と気がありますよね。パーマがしっかりかかっているので、自分でコントロールするのが難しい感じです。ですが最初からスタイリングが楽なように、とお願いしておけば手櫛で十分スタイリングできる、とか、ムースを揉みこんであえてクシュクシュな感じにするとか、という方法も有ります。ですがパーマが取れかかってきたり、髪が伸びてきたりする頃にもまたスタイリングが難しい、と感じるようになりますね。朝の忙しい時間であるのにも拘らず、なんでこんなにまとまらないの?と感じてくる時期があると思います。おそらくパーマの効力がなくなってきていたり、髪が伸びてボリュームが出てきたり、といった事が原因なのでしょう。そうなってくると、
自然と美容室へ行かなくちゃ、と思ってしまいますよね。本当はそう感じる前に美容室へ行けば、イライラする時期が無くなるのですが、なかなか自分で自覚する前からきちんと美容室の予約を取る、という事はしない事が多いですよね。特にパーマをかけるとかカラーリングをする、となると時間もお金もかかりますから、行かなくてはいけないのが分かっていても、自分なりに行くことができる時期、というのがあるような気がしますね。吉祥寺にあるヘアサロン


ホーム RSS購読 サイトマップ