床の状態

床の状態

床の状態

美容室と言う所は基本的にはきれいな場所であってほしいところですよね。オシャレな感じとか明るい感じと言うのも大切でしょうけれども、何よりも衛生的でなくてはいけません。そういう点において、美容室で一番汚れてしまうのは床ではないでしょうか。カットした髪の毛が落ちるところですから、常に髪の毛が降ってくるような感じになってしまっているのは仕方のない事です。ですがいつまでもカットした髪の毛が床に落ちたままになっている、というのは美容室としては好ましくありません。スタッフの人数が十分にいるところでは、アシスタントや見習いのスタッフたちが常に箒を持って落ちが髪の毛をキレイに掃いて集めています。ですから髪の毛が床に散らばっている、という印象が少なくなります。この事はとても大切で、例えばお客さんの中には髪の毛などが付いてしまいやすい靴を履いている人もいます。パンツの裾が長めの人もいるでしょう。そんなお客さんたちが店内を歩く時に髪の毛が散らばっている様ではよくないですよね。意外と私達は美容室にいる間に床を眺める事って少ないですが、少しそういう事に気を留める事で、その美容室には店内をきれいに保つためのスタッフが配置されているか、良く気が付いてすぐに対処するスタッフがいるか、という事を見極める事が出来るでしょう。美容室においては、髪をカットしたりパーマをかけたりする事だけで売り上げをあげているわけではありません。もう一つの売り上げの上げ方として、ヘアケア商品の販売という事があります。付き合いのあるメーカーさんから仕入れているヘアケア製品を店内でお客さんに販売するのです。多くの美容室ではその商品を実際にお客さんに対して使っている事がほとんどで、シャンプーやコンディショナーなど、実際に使ってみて「いいな」と感じる事ってよくありますよね。ですが自分から「今のシャンプーっていいですよね」と美容師に声をかける事って、あんまりありませんよね。よほど美容師と親しい間柄でなければ、わざわざその話題をする事はないでしょう。ですがそれでは美容室としてはせっかくの販売のチャンスを逃している事になります。専売品はお客さんの目につくところに陳列されている事で、お客さんも話題にしやすくなります。お役さんの目線がその商品に向いている事を見逃さなければ、美容師の方からお客さんにそれらの商品を売り込むチャンスを見つけることができますね。専売品の陳列の位置と言うのはとても大切だと言えるでしょう。一か所だけではなく、各お客さんの目線に入るところにあれば、売り上げのチャンスも多くなるのではないでしょうか。川越 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ